安定人生

安定していない人の安定しない日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

IZO

新感線の舞台でっす。いのうえ歌舞伎。ひさびさに観ました新感線。
ええまあ某シックスの森の人が主演なんですけれどもね。
なかなかに駆け足の内容だったのだけども幕末知識が三谷幸喜のあのドラマ
くらいしかなかった友達も分かりやすかったと言ってたのでそれでよかったのか。
(偉そう)
わたし的には以蔵さんは大好きなので、楽しく観ましたよ。
なんか、役者さんが結構史実の顔に「近い」のだった。
勝先生とかよかったなー。軽快なべらんめぇで。
あと龍馬が秀逸だった。とくにこぎたない龍馬が。
以蔵さんの話というのは、主でも脇でも、とにかく悲惨な話なのだが
(仕方ないけど)、終わり方に少しだけ救いがあってよかったよ。
死ぬと分かっていても、終わり方も分かっていても、そこでなにがあったのか
というのを描くのが創作な訳だけれども、そこで「ああよかったなー」
「だめだったなー」っつうのが決まるのかな。(自分的感想でのいい悪いね)
しかし、これで初めて武市先生を認識した友人が、
「ひどい!あのひとはひどいよ!」と言っていて笑った。
なんだろう……以蔵の方に移入するしない関係無しに、というか、物語に
以蔵さんが登場する限りは、そういうふうになっても仕方ない気がするw
色んな媒体で以蔵の物語はみてきたけども、やっぱりわたしも
「武市センセーひどいよ」ってなるもの……。
でもきっとそうでもないひともい る は ずだよね?
そういえば武市先生が主役の話って見たことないなぁ。

なんつうか、以蔵さんの人生にもターニングポイントはちゃんとあったわけで、
舞台でもそれを見ながら「ああ、なんでここでこうならないんだろうなぁ」
って毎回思ってしまう。たらればつうんだっけ。
でも「そっちの道に行けばきっと真っ当に暮らせるんだよ」っていうフラグが
あるのに、やっぱりそうはならない寂しさな訳であって……。

右近さんが素敵すぎた。素敵公卿すぎた。もうだめ。好きすぎる。

森の人はかっこよかったです。以蔵さんはなかなかにあたり役かも。
大変失礼だが、「俺は頭が悪い」と自分で言う、それが似合うと……

田辺誠一の武市先生は、とても田辺誠一に見えなかった。いい意味で。
こんな声でるんだこの人……みたいな。大人計画の舞台で観たときとは
全然違ってたなー。役者さんてすごいよね。あと西岡徳馬も。かっこいいぜ。
スポンサーサイト
  1. 2008/01/12(土) 22:49:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<誰も寝てはならぬ | ホーム | 寒いいいい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://fuckrock.blog58.fc2.com/tb.php/448-c861808d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

よっつぶ

Author:よっつぶ
定職についていない。
フリーターではない。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。